【大メダカ池 誕生!】田んぼのあぜ板でメダカ池を作る方法!!

めだか飼育

【安上がり】田んぼのあぜ板でメダカ池を作ってみた

メダカがどんどん増えて行き場所がなくなる

メダカの種類が増えてくると、飼育場所の確保や、
飼育容器の数の問題が出てきます。

「理想はミックスせず、
純血のまま別水槽で増やしたい」

「可能なら過密飼育も避けたい」なんて思うと、
みるみるうちに手狭になってきます。

飼育場所の確保ができなければ仕方ないのですが、
まだ使えそうな場所がもう少し残っていたので、

そこに池を作ることにしました。

安くて大きめの池を作りたかった

基本、池を作るのは結構大変です。
穴を掘って、水が逃げていかないように
防水しなければならないから。

穴を掘るのは自分の労働力だけなので良いとしても、
防水のシートをどうするかによっては、
かなりコストがかかってきます。

買うと結構高いのよ。

あまりお金もかけれないので、
何か使えるものはないものかと、
ホームセンターで材料を探していると、

使えるかも?というものを発見。

田んぼのあぜ板 です。

田んぼの仕切りに使われている板(鉄で無い方)は厚みもあって
頑丈・連結できるし、これを使えば、

穴を掘らないまま囲っても、耐えるのではないだろうか?
それなら穴を掘る手間も省けるし( *´艸`)

防水シートは、
仕事場にある廃棄予定のビニール袋(フレコン用)を頂いて、
試しに作ってみることに。

実際にあぜ板でメダカ池を作ってみる

途中経過の写真を撮っていないので
わかりにくいかもしれませんが、
穴を掘らずに作りました。

あぜ板の素材は、結構柔軟性がある上に、
かなり丈夫。

端っこが差し込み連結式になっていて
いくらでもつなげることができます。
私が買ったのは 高さは30cmだったかな。(数種類あります)

メダカには、それほど深さは必要ないので
十分でしょう。

ということで、
あぜ板4枚か5枚を連結して、大きな輪を作って、
その中に防水用のビニール袋を
3重に重ねて敷いて、あぜ板の立ち上がり部分まで覆って
水を入れました。

これで一応の完成。

1時間かからないくらいで出来ました!

あぜ板メダカ池の問題点

• 排水問題

水が流れても問題ないところに設置したので、
勝手にオーバーフローでもいいのだけど、
あんまり水位が高くなるとたわみで崩壊する恐れも
少なからずある。
なので、
上部より7cmほど下に小さな穴を開けて、
エアチューブ排水できるようにしているが、
チューブを通すために、防水で覆っているビニール袋にも同時に穴を開けているので、
間に漏れちゃってる。

最初に一箇所「あぜ板」一段下げて切っておいて、
そこからオーバフローさせればより良いかな?

• 丸くて大きすぎた!?

結構大きな池ができたのは良いけれど、
角が無いし大きすぎてメダカを掬うのが難しい・・・
すぐ逃げるのよ( `ー´)ノ

杭を打つ個所や本数によって
ある程度池のカタチを整えることはできます。

メダカ池を作るのにかかった費用

田んぼのあぜ板  @約300円✕4枚 1,200円

フレコンバック用ビニール袋 3枚 タダ廃棄品

私は仕事場にあった廃棄品を使いましたが、
調べると厚手のモノは高価です。

池の水がこぼれない様にするのが肝なので、
できれば丈夫なものを使いたいところではあるのですが、
高いですからねぇ。

他のモノでも代用できるものはあると思うので、
もし同じような材料で作るのであれば、
作りたい池の大きさ等も考慮して、
材料を考えてみてください。

あぜ板押さえ(あぜ板用の杭)

あぜ板でメダカ池を作ってみた まとめ

材料は、上記のものだけ。

あぜ板の連結数を増やせば、
結構大きな池を作ることができます。
(水圧に耐えるためには、
要所要所にあぜの杭を打つ必要があります)

厚手のビニールがどれくらいの耐久性なのかは、
今のところ不明ですが、
現在約2カ月間 水を張ってメダカを飼育していますが
水漏れなしで運用中。

手軽に大きな池ができて、
個人的には結構気に入ってます。

メダカの広々飼育で
グングン大きくなってもらって、
キレイなメダカが増えるともっと楽しくなってきますね!


めだか飼育
めだから~をフォローする
めだから~

コメント